忍者ブログ
ウーパールーパーと一緒に暮らそう!
[34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

賛否両論かとも思いますが、うちではこうしてます~って云う事で。

参考にするかしないか、使ってみるかみないかはあくまで自己責任でお願い致します。

****************************************************************************
◆ 自作リンゲル液について◆

リンゲル液は普通に病院で処方して貰えます。
ただ1Lにつき1000円と少々値が張るので、小さい子ならまだし も、大きい子をこれに入れて飼育するのは結構な出費だと思います。
実際プルさんは3日分として3L送って貰いましたが、1Lだと背びれが水面に出 てしまうのと、エアレーションが必要だったのである程度の大きさの水槽を使わなければいけないという事もあり、最初に2L必要でした。
処方される リンゲル液は頻繁に交換の必要がないので、どうしても汚れたら半分水換えして・・・・とか思ってたら、

初日、仕事にいってる間にうんちょし、狭いので踏み散らかして大惨事。

最後の1Lと、自作リンゲルを足して水 を換えました・・・・orz
翌日追加で3L分送って貰いましたヨ・・・・(ここでまた全換えして処方リンゲル100%に戻しました)



ち なみにリンゲル液は何に対しても万能!という訳ではないと思います。
分量的に塩浴の0.5%よりも高い塩分濃度ですし・・・・す、少なくとも腎臓 の悪い子とかには逆効果なイメージすらありますね・・・・。
うちの場合は、プルプルさんの尻尾の先にもくろまめと同じような黒ずんで丸まった部分 があった時に、「代謝の改善の為の点滴」として処方されました。
ぴん くぱさんの所では「脱水・循環血流量が低下したとき、つまり広範囲の皮膚病、体調不良、下痢など」として、同じK’sペットクリニックさんから処 方されていらっしゃったようです。
実際にどの状態にあてはまるかの判断はお医者さんにくだして戴くのが一番確実だと思いますので、まめちょろの時 の私のように、慌ててリンゲル!!!となる前に、きちんと相談するのが良いと思います^^;

ぴんくぱさんの所にも載っていますが、一応分量はコチラ。
・精製水1L 
・塩化ナトリウム 6.6g (平たくいうと塩)
・塩化カリウム 0.15g
・塩化カルシウ ム 0.15g (雪の日に高速道路とかに撒かれているアレ)
・重炭酸ナトリウム 0.2g (平たくいうと重曹)
です。
検索で 「両生類 リンゲル」と入れると他にも材料が載っている所がありますが、K’sペットクリニックさんから教わったという上記の分量を参考に作っておりま す。
ちなみに、塩化カルシウム・カリウムは食品添加剤としても利用されております。
(道路に撒く方より食品レベルの方がなんか安心だった のでこっちを使ってます)

上記の材料を混ぜ、最後にオートクレーブにて滅菌して完成です。



って、一般家庭にオートクレーブがあってたまるかい!!!!ヽ(`Д´)ノ

とまぁ軽く絶望したのですが、先生からのメールで
「滅 菌するかどうかは薬用量マニュアルに記載されてはいますが、どうしても必要とまでは思えないのですが・・・・」
との事でしたので、せめて多少也と 殺菌を・・・という事で当家では殺菌灯当ててから使っております。
勿論、使用時には自己責任で!としっかり言われております!><
ココを 見て参考になさる方も自己責任でお願い致します。


さて、さすがに0.01g単位で量れる計量器は持っていなかったので、1Lの精 製水に10倍量で種水を作り、
使用時に2Lペットボトルから200ccを別容器に移動→種水を200cc分2Lペットボトルに戻してよく攪拌→殺 菌灯を当ててから使用という流れでやっております。
種水は1回に10L分全部使うのではなく、2Lづつ使うごとに混ぜるカンジ。
上の方で も書きましたが、リンゲルは毎日交換の必要はなく汚れたら換えるというくらいで使用するのが宜しいかと。
ちなみにうんちょ以外で飼育水が汚れてくる場合はそれだけ体液が汚れているとも考えられるそうです。

中にはリンゲルが体に合わない子もいるそうなので、入れて暫くは様子を見て、充血したり暴れたりするようだったら飼育水に戻してあげましょう。
また、リンゲルに漬けっぱなしも良くない と思うので、状態が回復したと思ったら飼育水に戻す為の希釈を始めるのがいいと思います。
この戻す判断もやっぱりお医者さんにしてもらうのが一番 だと思うのですが・・・・・病院にゆく時間の取れない方や、近距離にウパ子を診てくれる病院がない方、病院まで運ぶ手段の無い方もいらっしゃると思います ので、対応の一環として、「フーン、そんな方法もあるのね~」くらいに見て戴ければと思います。

最後に。

ホント、自作リ ンゲルの使用は自己責任で!!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
自作リンゲル。。すごいですね!自分も以前ぴんくぱさんで見たことがあります。
普通で買うとそんなに高いんですね。

つくっても怖くて使えなさそう(><
機会があったらつくってみよう。

ありがとうございました^^
どらポン 2010/05/10(Mon)01:06:05 編集
どらポンさん
小さい子とかですと、1Lでもやりくり出来るかもしれないですが、大きい子だと1L1000円は少々お財布に響くと思います・・・・orz

でもやっぱり出来る事ならお医者さんで処方されたものの方が安心なのですよねー;;
急に必要になった時用に、ってくらいに考えておくのが良いかもしれないです。
材料製剤自体はリンゲル3本分の金額で使い切れない量が届くので、飼育で大量に必要になった時などには処方のものより遥かにコストが低くなりますね。
ユノ 2010/05/10(Mon)01:59:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ユノ
性別:
女性
職業:
自営業
趣味:
お絵描き
自己紹介:
ウーパールーパーとの同棲生活の日々など。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[11/07 Unmansibibiart]
[10/16 ひな]
[10/08 茶々と寧々]
[10/13 クロママ]
[10/18 ハヤ]
アクセス解析
忍者ブログ [PR]