忍者ブログ
ウーパールーパーと一緒に暮らそう!
[33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アクセス解析を見てみると、ブログ村から来て下さってる方以外に、検索でココがひっかかって見にきて下さった方もいるようです。
冷凍メダカや冷凍コオロギなどの餌情報などもありますが、兎に角多いのが病気についてですね。

最初にウーパーと入れて、その後に「鰓が退化」「水カビ 手」「皮膚 剥がれる」「ひっくり(←多分ひっくり返るを探したいのだと思う)」「充血」「リンゲル液」などなど・・・・・
どれもこれも飼い主さんが心配して検索かけまくってるのが目に浮かびます。っていうか自分も同じくやってますしorz
なので、大した事は書けませんが、せめて症例のひとつとして参考にでもなれば・・・・という事で、我が家のウパ様達の健康トラブルについて纏めて書いておこうと思います。
画像入りでおっそろしく長くなると思いますので折っておきます~。

続きからどうぞー。


対処の方法は、これが必ず正しいという訳ではありません。
個体によって対処法も違いますので、あくまで参考程度に留めておいて戴ければ幸いです。

◆外鰓の壊死
3/25より
患者:プルさん
体長:18cm
・水換え:3日に1回3分の1程度
・餌:2日に1回、固形飼料とクリル中心
・食欲:旺盛
・便通:週に1回

状態:
最初、よく見ないとわからない程の小さな白い点が外鰓(太い部分)の先端に発生。
前日の夜には見当たらなかったモノ。
白点か!白点病なのか!?と大慌てするも、ネットで見る画像とは様子が違う。
以前よりチェックしていたK’sペットクリニックさんに遠隔診療のメールを送信。
詳しい飼育方法と、詳細な写真をとの事で携帯で慌てて撮影。

CA3G0065.jpg




















この写真を送った時は既に白い点がハッキリ見えるくらいに急成長。(発見時から丸ニ日後)
どうやら白点ではなく、先端部分が壊死しているとの事。
抗生剤と消毒薬を送って戴く間に塩浴をするよう指示されたので、

・1L分水をタッパに入れ、その中から200cc分の水を取り出し、それに食塩を5g投入してよくまぜる
・食塩は安い物の方が余計なミネラルとか追加されてないので良いです。(塩化ナトリウム99%↑の物を使用)
・プルさんをタッパに入れ、200ccの食塩水のうち3分の1をタッパに注入。
・10分後にもう3分の1、更に10分後にもう3分の1入れ、そこから10分塩浴。
・タッパの水を3分の1捨て、飼育水を注入。これを3回繰り返し、最後は網で掬って水槽へ。

これを2日間実行。
途中電話で飼育方法についての指導を戴いたので、当日より水換えを毎日2回、半分づつ行う事に。
(実際は毎日全交換が望ましいのですが、さすがに55L全部は厳しかったので半分×2で行いました)

塩浴期間中に、壊死部分が大きくふやけ、少しづつぼろりと崩れてきはじめる。

抗生剤と消毒薬が届いたので、塩浴から薬浴に切り替え。
1Lの水と3分の1づつ濃度をあげるのは同じですが、薬浴は一時間でした。

CA3G0088.jpg















見づらくて済みません・・・・もげる直前の写真。
患部が大きくなった、というよりもふやけたカンジに見えました。
流れとしては、

keika.jpg




















こんなカンジ。
この後、薬浴を1週間続けて完治。 発見から10日ほどでしょうか。
太い鰓の先端についている細かいフサフサが2本ほどハゲましたが、壊死部分が落ちてからすぐに新しいフサフサが生えてきました。
治療中、一度も食欲は衰えませんでした・・・・・やるなプルさん・・・・!

途中でもげた壊死部分を冷蔵で送り、顕微鏡で見て戴くと・・・・・真菌や寄生虫が異常繁殖していたとの事。
「水が悪いんですか!水換えの仕方が悪いんですか!?」とパニくりましたが、
・ウパの体には寄生虫や菌は多かれ少なかれ常に存在している
・ウパが健康な時は悪さをせず、ただ存在しているだけ
・ウパが体調が悪くなったり、怪我をしたりすると寄生虫達が悪さを始める
・今回は鰓の先端に出来た怪我に悪さをされた様子
という事だそうでした。


◆皮剥け(皮膚が剥がれる)
4/14より
患者:プルさん
体長:21cm
・水換え:毎日半分換水
・餌:毎日 メダカや川エビやコオロギなどを冷凍した物
・ 食欲:旺盛
・便通:2日に1回

状態:
顔と外鰓の境目にあたる部分の皮が剥けており、えぐれてる・・・・ようにも見えたので、何かにぶつけて怪我をしたのではないかと思い、遠隔診療開始。

635e8d8c.jpg















最初の状態。
ここだけが剥けていたので、怪我かなーとか思ったり。
剥けていたのは皮ではなく、粘膜だそうです。
先生からの指示で怪我しそうな物は全て撤去。
そして一日10分の塩浴。
塩浴1回で剥がれてた粘膜はなくなり、つるっとしたいつもの卵肌状態に戻りました。

が。

翌朝、今度は尻尾のあたりに粘膜剥け痕。
っていうか、最初は「これが水カビか!」と思うくらいぽわーっとしたものが付着しているような状態だったので、診療報告メールに「水カビが生えましたーーー!!」とおお焦りで書いたのですが・・・・「それも粘膜ですネ」と。
夜にまた塩浴→すっかりつるぷる肌
とまた昨日と同じような状態だったので・・・・翌日こわごわ水槽を覗いてみると・・・・

今度は全体的にもろもろと粘膜が・・・・・!!

abbe7676.jpg















頭の部分がもろもろもろもろ・・・・・
更に怪我しそうもないわきの下や足の付け根までもろもろもろもろ・・・・・
ただ本人、まったく普段と変わらずモリモリ食べ、プリプリうんちょし、スイスイ泳ぎまわっておりました。
夜の塩浴後、またつるりとした状態に。
どうやらプルさんが寝てる間に剥け始め、起きて活動すると浮いてた粘膜がはがれて水に舞うといったカンジ。
剥けた粘膜を顕微鏡検査にかけてもらいましたが、壊死の時とは違い、剥離した皮膚組織には菌の異常発生もなく、普通の粘膜だった様子。
でも大量に剥けてるのはやっぱり異常なので、塩浴しながら様子を見ましょうという事に。

塩浴3日目・・・・・粘膜剥けがピタりと治まる。
やや指先が剥けた粘膜がひっかかってるくらいで、他は全身卵肌プルさん。
塩浴が効いたのか、はたまた外鰓壊死時に体力つけさせようと思ってちょこちょこ食べさせてたシルクワームを通常量に戻したのが良かったのか(栄養過多だった?)、未だに原因は不明です・・・・・
(壊死時から暫くアクアセイフを2倍量入れていたのですが・・・・アクアセイフって続けて入れすぎると良くないとかありましたっけ?;;)
そして取り外してたシェルターをまた水槽に入れました。
もう粘膜剥けが起こっていないのでまた普段通りに。
そして今回も勿論食欲はいつもどおりでした(笑)


◆衰弱
4/16より
患者:くろまめ
体長:4.5cm
・水換え:毎日半分換水(プル宅にセパレートケースで家庭内別居)
・餌:一日2回赤虫8~10本+その日のプルさん達の餌を小さくしたモノ
・ 食欲:旺盛
・便通:毎日

状態:(発生から今までかなり必死だったので写真撮るのも忘れてました;;)
前日から少し食欲がないかな?くらいに思っていたら、当日帰宅時に水槽を見るとひっくり返っておりました。

こちらも原因が確定していないのですが、

・数日前から気温があがったり下がったりが激しかった事
・大きい水槽の中の水を共有してるとは言え、前日食べ残した赤虫が一匹残ってたので水質が悪くなった?
・ナナさん同居時は全く興味をしめさなかったプルさんが、くろまめを気にして結構近くに寄っていったりしていたので・・・・・「く、くくく食われる!!」という恐怖によるストレス?

自分で考えられる原因はこの3つくらい。
慌てて1Lタッパーに移し換え&全換水し様子をみる事に。

・腕に力が入らないのか、常にへっちょりと腹ばい状態、傾くと体が起こせず倒れたような状態に。
・表面上の異変は特になし(水カビやできものなど)
・食欲完全に無し
・全く動かない
と、もうなんか見るからに弱っていて、死んじゃうんじゃないかと泣きそうに・・・・orz

いつものお食事時は目の前にもっていくとジャンプしながら勢いよく食べる子だったのに、その時はいくら持っていっても無反応。
稚ウパの赤虫移行時は振り動かして食べさせると書いてあったのを思い出し、少しでも食欲が出るようにと延々と振り続けてなんとか1本食べさせる事に成功。
少量しか食べられないのであれば、少しでも栄養値の高いものを・・・!とハニーワームの最小サイズを発注しておきました。

それから数日、ハニーワーム以外にも最小サイズのコオロギやシルクワームも織り交ぜながら、長時間かけてゆっくり一本づつ食べさせて、一日2回、計8~10本をあげるようにしていました。
餌やる時に気をつけていた事は、
・赤虫はヒラヒラした方を顔に向けて振る
・コオロギ、ハニーワーム、シルクワームは頭部分を切り落とし、切断面を顔に向けて振る
・イヤイヤしてもしつこく振り続ける
・たまにすいーっと逃げても追いかけて振り続ける→根負けして食べる
という事くらいです。

水は一日2回全交換してました。
(昼過ぎの仕事休憩時にチャリ飛ばして自宅に戻り交換→仕事に戻り→仕事終了で帰宅して交換)

時間はかかるけど、安定してご飯を食べるようになったので多少状態が良くなったかな?
・・・・・なんて安心していたら今度は全身がうっすら充血。
更に尻尾の先が黒っぽく丸まっているのにも気づく。(←末端に血液が流れていない状態)
しかもまたヨタヨタにorz

飼育の参考にさせて戴いていたこちらの「ぴんくぱ」さんにて、「両生類用リンゲル液」の材料が載っており、まさかの時の為に以前から材料をストックしておいたのが不幸中の幸い!
慌てて、だがしかし慎重に慎重に分量を測り、混ぜ、殺菌灯を当ててから別のプラ水槽に入れてリンゲル飼育準備。
ゆっくりゆっくり時間をかけて水合わせしてリンゲル液に投下しました。
暫く様子を見て、暴れたり充血がひどくなったりという様子も無かったのでそのままリンゲル飼育を開始。
そして仕事準備をしながらダメもとで餌をフリフリしたら・・・・・と、とりあえず2つは食べられたのでそのまま仕事に。
帰宅すると充血は収まり食欲も多少あったので、栄養価の高いシルクワームをメインに食べさせて様子見。
翌日は食欲も戻り、多少動きまわるようになったので悪くはなってなかったと思います。
様子見も兼ねて3日間リンゲル飼育(毎日水交換)を続けました。
3日目から3分の1づつ飼育水を足して濃度を下げ、完全に飼育水に切り替わる頃には、倒れる前の倍くらい余裕で食べるようになっておりました。
2週間止まりっぱなしだった身長も伸び始め、今度こそ安心・・・・・デスヨネ?まめちょろサン?

書き忘れてたので追記:
倒れてから元気がよくなるまでの間、水温を、寒い時は暖房を暑い時には冷房をかけて、常に16~17℃になるようにしておりました。
(現在は17℃~18℃くらい)



*********************************************************************************************
ウパは鳴いたりしないので、ぱっと見病気になったかどうかの判断がとてもしずらいと思います。
なるべく病気にならないよう丈夫に育ててあげる事が重要だとは思いますが、もしなってしまった場合、すぐに異変に気づいて対処出来るように毎日しっかり見つめまくってあげるのが良いのではないでしょうか~。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ひっくり返る
そうです…くろまめちゃんと似た症状のルパちゃんです。
今日水替えをしたとき久々にサササッと泳ぐ姿を見ましたが、今日はご飯を食べてくれませんでした。
ユノさんのお話、とても参考になりました。
ちょっといろいろ試してみます。
無かった片手も少しずつ伸び、あとは手のひら(?)だけ…の状態になったのでもう少しバランスが取れるようになるかな?と思ってるのですが。
明日は根気よく餌を与えたいと思います。
しず 2010/05/09(Sun)23:15:03 編集
しずさん
ご飯食べてくれないと心配度が一気に上がりますよねorz
先日戴いたコメントだと、メインのお食事に「ウーパールーパーの餌」を使っていらっしゃるようですが、病気や元気の無い時はナマモノやいつもと違うメニューをあげてみるのも良いかと思います。
熱帯魚などを扱ってるショップさんでしたら、だいたい「クリーン赤虫」や「クリーンブラインシュリンプ」など、冷凍モノを扱っていると思いますので入手しやすいかと。
ルパちゃんもきっともっと小さい頃は赤虫を食べて育ったと思いますので、もしかしたら食べてくれるかもしれません。
あとは根気よく振り続けて頑張ってみて下さいっ><
ユノ 2010/05/10(Mon)01:54:09 編集
ありがとうございます
今日は少し泳ぎ、一粒二粒程度の餌を食べました。
しかしやっと生えてきた片手がまた無くなっててショック!!でした。
早くウパちゃんの大きさにならないとルパちゃんの手は、いつまでも食べられちゃうんじゃないかしら?
ナマモノ…一度購入してみます。
我が家の熱帯魚と一緒に入れてるミナミヌマエビが繁殖して可愛い赤ちゃんエビがウロウロ出てきはじめましたが、さすがにそれは餌には出来ない…↓↓↓1センチほどで手頃な大きさではありますが、出来ない!そんなこと…(T_T)

是非赤虫を買ってみたいと思います。
ご指導ありがとうございました。
しず 2010/05/10(Mon)22:45:42 編集
お手手がΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
餌食べて少し安心ですねっ!
小さい頃は特に餌と間違って同居人の四肢齧っちゃったりがあるみたいなので、ルパちゃんが元気になってサイズアップするまでは別々に飼育した方がいいかも~と思います;;
くろまめも調子が良くなかった間中成長がストップしていましたので、別居させて元気に成長させてから同居な方が安全かなーと。

自家繁殖の子を生餌にするのは抵抗ありますねー;;
冷凍モノでも種類は豊富にありますし、ヌマエビちゃんはヌマエビちゃんで可愛がってあげると良いと思いますvv
ユノ 2010/05/11(Tue)01:39:38 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ユノ
性別:
女性
職業:
自営業
趣味:
お絵描き
自己紹介:
ウーパールーパーとの同棲生活の日々など。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[11/07 Unmansibibiart]
[10/16 ひな]
[10/08 茶々と寧々]
[10/13 クロママ]
[10/18 ハヤ]
アクセス解析
忍者ブログ [PR]